人工透析との相性

人工透析との相性

天然の野菜から作られた青汁は、副作用の少ない健康食品です。
しかし、インターネット上では、「青汁に含まれているカリウムは、人工透析患者には悪影響である」といったような注意書きを目にします。
そこで、人工透析と青汁に含まれているカリウムの関係について説明します。

カリウムは、筋肉や神経の働きを保つ働きをもち、人体にとって欠かすことの出来ないミネラルです。
カリウムが無いと、心臓を含む、人体のあらゆる筋肉に悪影響が出るといわれているほどです。

しかし、人体にとって必要不可欠なカリウムも摂り過ぎてしまうと逆効果です。
「高カリウム血症」と呼ばれる病気を引き起こしてしまうこともあります。

高カリウム血症は、軽度であれば、症状が自覚出来ない場合もありますが、悪化すると、不整脈や嘔吐、下痢や筋力の低下など、重篤な症状が表れるようになります。
最悪の場合は、心停止によって突然死するというケースも想定されます。
とはいっても、健康な身体――とくに腎臓が正常に働いているならば、カリウムは多少摂り過ぎても、尿と一緒に体外へ排出されます。
恐ろしいのは、腎不全やアルコールの飲み過ぎなどで、腎臓が正常に働けない場合です。
腎臓が余分なカリウムを排除できなくなると、カリウムは体内に蓄積され続け、高カリウム血症を患ってしまいます。

腎臓が正常に働かない方が受ける治療法が、人工透析です。
人工透析は、血中の有害物質や老廃物を取り除き、血液をろ過するという、本来ならば腎臓が行うはずの働きを体外の機械で行うという治療法です。
当然、腎臓が正常に働かない方、とくに人工透析を受けている患者さんは、腎臓への負担を減らすために、カリウムの採り過ぎは避けなければなりません。

青汁は、カリウムを含め、ミネラルが豊富な健康食品です。
そのため青汁はむくみ解消に効果があり、本来、豊富なミネラルは喜ばしいことなのですが、腎不全やアルコールの飲み過ぎなどで腎臓が正常に働かない方は、青汁の摂取には考慮が必要です。
医師に相談したうえで、摂取を制限したり、あるいは摂取そのものを避けるようにしましょう。

カリウムは人体を健康に保つために欠かすことの出来ないミネラル成分です。
しかし、何事も摂り過ぎは逆効果になります。
健康診断などで、高カリウムの兆候がある方は、注意するようにしましょう。